足の血管が浮き上がる下肢静脈瘤|がんに負けない体をつくる

シニア

胃がんは早期発見が大切

病室

胃の内側にある粘膜には細胞が付着していますが、その細胞がなんらかの理由によりがん細胞になってしまいます。がん細胞は次第に増殖を繰り返します。これらが胃がんの正体です。しかし、胃がんは検査で見つけられる大きさになるには数年かかるといわれています。検査で発見したときには胃がんが進行している状態にあるため、転移しやすい危険性があります。また、胃がんの原因を解明するため、日々さまざまな研究が行なわれています。あらゆる要因の中でも、喫煙や食生活の乱れ、ヘリコバクターピロリ菌の感染が最も有力視されています。胃がん初期症状は主に、胃の痛みや不快感、胸焼け、吐き気、食欲不振です。体重が減少する、貧血、黒色便などの症状がみられる場合も胃がんの疑いがあります。

胃がんは早期発見が難しい症状です。進行しても症状が現れない場合もあります。そのため、発見が遅れてしまい転移してしまう危険性もあるのです。定期的に人間ドックや検査を受けることが大切です。ちなみに、胃がんは日本人がかかりやすいがんの1つです。その理由が「ストレス」にあります。ストレスは胃に多大な悪影響を引き起こします。ストレスは、過度な飲酒や喫煙、生活習慣の乱れに繋がる危険があります。また、心配事から胃のムカムカが続き胃がんを発症する人も少なくありません。胃がん専門のクリニックでは胃がんを心理カウンセリングから治療するところもあります。胃がんを発症してしまう前に、ストレスをなくす、ストレスと上手に付き合っていく方法を把握しましょう。ストレスが続いている人は、胃がんを発症する前に対策を施しましょう。生活の改善や検診を受けると適切です。