足の血管が浮き上がる下肢静脈瘤|がんに負けない体をつくる

看護師

家で治療が受けられる

介護

世田谷区のクリニックが実施している在宅医療は、自宅にいながら治療が受けられるシステムです。医師や看護師、薬剤師、介護士などが自宅まで来てくれるので安心して治療に専念することができます。

View Detail

キスが原因でがんになる

病院

咽頭がんは主に喫煙や飲酒が原因で発症します。また、EBウイルスによる咽頭がんはキスが原因で感染するといわれています。女性の場合貧血が主な原因です。咽頭がんは食道や声帯を失う可能性があるため早期治療を心掛けましょう。

View Detail

血行不良による症状

看護師

足の血管が浮き出ている人は、下肢静脈瘤の可能性があります。下肢静脈瘤は、主にふくらはぎにみられます。下肢静脈瘤は、血液が逆流してしまい、コブのように浮き出てくるという症状です。見た目の悪さや湿疹や皮膚炎に繋がる恐れがあることから問題視されています。放っておいても命に別状はありませんが、肺に血液が滞るため、肺塞栓症になる可能性があります。大阪には下肢静脈瘤を改善しているクリニックが多くあります。まずはセルフチェックから下肢静脈瘤の危険度を把握することが大切です。夕方足がむくむ人や痛む人、寝ているときに足がつる人は下肢静脈瘤の疑いがあります。足の皮膚が硬い、茶色くなっている、血管が青く目立つなどの症状も下肢静脈瘤が原因しています。さらに、蛇のように血管が浮き上がっている、蜘蛛の巣のように広がる細かい血管が浮き出ているなどの人は下肢静脈瘤だといえます。治療すれば治すことができるので、クリニックでレーザー治療や高周波治療を受けましょう。

日本人の死因病名、第一位は「がん」だといわれています。がんは胃がんや咽頭がん、肺がんなど全身のあらゆる箇所に発生します。また、がんはリンパ節や血管、他の臓器などに転移する可能性があるため完治が難しいのです。がんになると抗がん剤治療でがんの数や大きさを減少していきます。手術で取り除けるまで小さくなったらがんの摘出手術を行ないます。がんが発生した臓器や箇所によっては手術が難しい場合もあります。乳腺や子宮などにがんが見つかった場合は乳腺や子宮ごと、全摘出手術を行なうこともあります。最近では残りの余命を自宅で過ごしたいと考える人が多くいることから、在宅医療が人気を集めています。在宅医療は自宅で治療を続ける方法をいいます。閉鎖されたクリニックよりも住み慣れた自宅で、家族と過ごせるため治るスピードがはやくなるといわれています。治療方法は自分の意思で、自分に適したものを選択しましょう。

胃がんは早期発見が大切

病室

胃がんは自覚症状が少ないため発見が遅れやすいといわれています。また、主な原因は感染や喫煙、飲酒、食生活の乱れです。これらはストレスが原因で引き起こしてしまうため、対策として心理カウンセリングを受けると適切です。

View Detail